ヒト型セラミド

よくテレビCMなんかで耳にする「セラミド」という言葉があります。

この「セラミド」は、化粧水や美容液などに配合されている成分で、「天然セラミド」、「合成セラミド」、「ヒト型セラミド」、「植物性セラミド」の4種類が存在するそうです。

まずセラミドが何なのかというと、人の肌を外界の刺激から守っている、肌バリア機能ともいわれる角質層の重要成分がセラミドらしいです。

blush12.jpg

そして「ヒト型セラミド」が何なのかというと、酵母を利用して生成されたもので、保湿力や浸透力に優れていて、刺激が少ないみたいです。

このセラミドが「ヒト型」と呼ばれる理由は、人間の体内にある角質細胞間脂質に、もともと存在しているセラミドとほぼ同等の化学構造を持っている事で、ヒト型セラミドと呼ばれているそうです。

つまり、「合成セラミド」や「天然セラミド」などと比較しても、特に人の肌に馴染む成分で、角質層にある細胞間脂質のラメラ構造形成にも効くみたいです。

このヒト型セラミドを塗る事で、肌に不足しているセラミドを補い、角質層の水分保持力を高める効果があると言われています。

これによってアトピー患者や敏感肌、重度の乾燥肌を解消するのに大きな力を発揮し、加齢で減少したセラミドが原因で肌が乾燥する場合にも、効果があると言われています。

しかしこの「ヒト型セラミド」は、水にはまったく溶けず、油や多価アルコールなどの成分にも溶けない事から、化粧品へ配合する事が困難な成分と言われてきましたが、近年のナノ技術によって、こういった「ヒト型セラミド」を配合した化粧品が商品化され、かなりの効果が確認されています!

技術の進歩って本当に凄いですよね…
僕の家内の化粧品は山ほどあります。僕から見れば、一生使い切れない量がありますが、まだまだ増えています…



Copyright © うんちくは誰のもの?ブログ All right reserved.